パンフレット(PDF)ダウンロード
 

欠席連絡フォーム

保護者の皆さまへ
令和3年7月2日以降、欠席・遅刻等の連絡はこちらのフォームよりご連絡ください。
※フォーム入力は保護者が8時20分までに行ってください。
 

いばらきの教育自慢
 



 
アクセス数1435953
 

 
 

学校案内

 
 

学校長挨拶


 進化しつづける栄進 活力ある進学校として


 牛久栄進高等学校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。 

本校は,昭和62年に開校し,今年で創立35年目を迎えました。平成10年に,茨城県内初の全日制普通科単位制高等学校に改編され,以来,単位制の「パイオニアスクール」として数々の先駆的取組を実践し,躍進を遂げてまいりました。創立当初より,充実した学習環境のもと,「活力ある進学校」として活力のある学校づくりを進めて参りました。

さて,令和2年に入り,新型コロナウイルス感染症の全世界的な感染拡大の大きな影響を全国的に受けました。臨時休業の期間もでき、学びの保障に取り組みました。その後も感染状況は波状に悪化し、ピークを迎えて収まっていくということを繰り返しています。令和2年度の様々な行事が中止または形を変えて縮小しての実施となりました。少子高齢化,情報化,グローバル化など様々な課題がこれまでも指摘されてきましたが,新型コロナウイルスの感染拡大はグローバル化がもたらした,人類への大きなチャレンジとなりました。令和3年度に入っても感染拡大を防ぎながら生活をすることが求められています。もともと学校教育は集団による指導に軸を置いてきましたが、これまで当然と思っていた教育環境が,感染症防止の観点からするとかなり課題点が多いものであることが明らかになりました。今年度新入生から順次、タブレットPCなどの情報端末をご購入していただき、学校の様々な教育活動で使用することになりました。教室のWifiの整備や普通教室への電子黒板の配置が済んでおり、教育が大きく変わることになります。万一感染症拡大の影響で自宅学習が必要になった際にはオンラインの授業の実施もあり得ますので、学校全体としてICTを活用した教育の充実を図って参りたいと考えております。生徒の学びを保障し,進路実現を図り,活力のある教育活動を展開できるよう教職員全体で取り組みたいと考えております。

本校はそのような状況にあっても,変わらぬ方針を昨年度に引き続き追求して参りたいと考えています。それは「進化し続ける栄進」です。様々な制約が生じていますが,その中でも環境変化に合わせて進化し続け,生徒・保護者・地域の期待をしっかり受け止めながら,困難な社会を生き抜く学校でありたいと考えています。令和2年度の経験を元に、感染症対策をしながら,学校行事等については出来る方法を模索したり,違った観点から新たなものを創造したりして,進化し続けていきたいと思います。経済学の用語ではありますが、一般企業でも学校でも、社会全般に、変化に対応する力、ダイナミック・ケイパビリティを発揮することが求められてると捉え、「社会の変化に対応し,新しい価値を創造する人材育成を目指す活力ある学校づくり」を,教職員一丸となって続けてまいります。今後も皆様方のご理解,ご協力を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。

               牛久栄進高等学校長 宮本 順紀



 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立牛久栄進高等学校